読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

遠い日と 今と これから・・・

ずっと 書く人でいたかった私の 歌とか 物語とか 毎日思うこととか…

今日の57577(またまた34年前…)

好きな人と一緒にいても
なにをどうすればいいのか
わからなかった頃。
二人で歩いても
なにを話せばいいのかを
考えているうちに
さよならの別れ道のところに
ついてしまう。
そんな頃のこと
f:id:m-suzu:20161115231016j:plain
彼の歩幅を確認でもするかのように
ずっと下を向いてついていくだけで、
じゃあねと
別れるときにさえ
頷くだけで声も出せなかった。

少しだけ進歩したときは
f:id:m-suzu:20161115231508j:plain
やっと彼を見ることができるようになっても
やっぱり少し後ろをついていった。

前を歩くと 姿は見えなくて、
横を歩くと 横を向かないと姿は見えない。
少し後ろなら 姿が全部見えるから
それが一番安心できた。

昔も今も男性に対しては
三歩下がるほど古風じゃないけれど
守ってもらうよりついていくほうが
好きかもしれない。

これが異性関係以外なら
ガンガンいくこともあるけれど。